芯につまようじを刺すだけ!レタスを1週間長持ちさせる方法

この情報を友達にも教える

レタス(サラダ)

キャベツと並んで人気の高いレタス。

シャキシャキのレタスの味は最高です。

生のレタスに塩を少し振ってかぶりつく。

なんてワイルドなのでしょう!。

さて、そんな我々の食卓に身近なレタス。

そんなレタスの最大の弱点があります。

それが、

日持ちしない事

大家族ならレタスを腐らせる事もありませんが、

一人暮らしにとってはレタス一個は荷が重いですよね。

このレタスの保存期間を飛躍的に伸ばす簡単な方法があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レタスの芯に爪楊枝を刺すだけでレタスの保存期間が延びます

簡単で効果的なレタスの保存方法

レタスの芯に爪楊枝を刺すだけレタスの保存期間を伸ばす事が出来ます。

ぴぴさんの記事、

レタスの芯に爪楊枝を刺すと新鮮に保てるワケとは?

によればレタスが長持ちする理由は、

レタスが芯に開いた穴から水分を吸収する事により新鮮さを保っているのです。

更に、水に湿らせた新聞に包むと一層効果的なのだとか。

毎朝、シャキシャキのレタスを食べてシャキッとした一日を過ごしませんか?。

拍子抜けするほどやり方は簡単なので是非、是非(笑)。

最後までご高覧頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク