これは芋煮のPerfumeやぁ~!!里芋、山芋、ジャガイモで作った芋煮汁が美味しっ!

この情報を友達にも教える

IMG_1365

寒くなると急に山芋が食べたくなったりしませんか?。そこで、芋煮汁を作ろうと思ったのですが、ジャガイモと山芋が残っていたので一緒に煮てみると更に甘くて美味しくなったので作り方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

里芋、山芋、ジャガイモの芋煮汁の材料(4人分)

具材の分量はアバウトで十分です。逆に汁の割合は重要ですので計って作ってください。

  • 山芋
  • 里芋
  • ジャガイモ
  • 大根
  • レンコン
  • 人参
  • 長ネギ
  • 牛肉
  • 筋なしインゲン
  • 昆布 7cmくらい
  • 酒 1/4カップ
  • 醤油 大さじ4(鎌田のだし醤油がベスト)
  • みりん 大さじ4
  • 水 具材が浸かるまで入れます
  • 塩 少々
  • 酢 大さじ2

里芋、山芋、ジャガイモの芋煮汁の作り方

IMG_1374

  • 【1】 山芋、里芋、ジャガイモ、大根、レンコン、人参の皮をむき、適当な大きさに切ります ※早く仕上げたい時は小さく切り分けます
  • 【2】 里芋は、ぬめりを取るために塩と酢を入れた鍋で下茹でします ※最初に里芋の皮をむいて下茹ですると、時間の短縮が出来ます
  • 【3】 長ネギを3cm程の大きさに切ります
  • 【4】 牛肉を適当な大きさに切ります(今回はブロック肉を切り分けました)
  • 【5】 鍋の底に昆布を入れ、切った具材を全て入れます ※鍋は大きい方が美味しく出来ます
  • 【6】 鍋の中の具材が浸かる程度になるまで水を入れます
  • 【7】 鍋を加熱し、あくを取りながら山芋に串を刺してス~っと串が取るまで煮ます
  • 【8】 酒、醤油、みりんの順番に調味料を入れます
  • 【9】 味見をして丁度良ければ、最後に筋なしインゲンを加え一煮立ちさせれば完成です

まとめ

IMG_1369

具沢山な芋煮汁は、寒い体を温めてくれます。お好みで七味唐辛子などを入れると、更に美味しくいただけます。今回は、NHKのあさイチで「レンコンを使った体質改善効果」を見たばかりでしたので、レンコンを加えてみました。レンコンを入れる事によって、サクサクとした食感も楽しむことが出来ます。本場山形の芋煮の一般的な汁の作り方に、里芋、ジャガイモ、レンコンなどの具材を加える事によって、贅沢な芋煮汁が出来たと思います。ジャガイモが程よく溶けて、ジャガイモの甘さが効いていたのは別の意味で想定外でした。一口食べれば、口の中で様々な味が交錯する芋煮汁。是非、お試し下さい。ちなみに息子は、この中に餅を入れて雑煮風にして食べていました。これも美味しいでしたよ(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク