入力速度アップ!ATOK辞書を鍛えてみた(単語登録の方法)

この情報を友達にも教える

IMG_20131020_094440

『パソコンは鍛えっと強くなっとぞ!。』

大学時代、卒論作成中に友人の口から飛び出した名言。1980年代、パソコンでの卒業論文作成はある意味拷問だった。遅い、変換出来ない、そして暴走(フリーズ)。作業効率を考えれば、専用ワープロの方が幾らかマシだったのです。思うように作業が進まない中、僕らが卒論を一時放棄して行った作業が『辞書登録』。頻繁に使う単語、用語、定型文を一晩掛けて登録。翌日からの作業効率は驚くほど向上しました。パソコンは鍛えれば強くなるのです。

数十年の時を越え、僕の現在の相棒マシンはパソコンからタブレット(Nexus7)へ。コンパクトかつ軽量、長時間コンセント要らずで使えるタブレットの恩恵で、作業する場所を選ばない機動力は飛躍的にアップしたものの、小さな画面に小さなキーボード、そして自身の高齢化。目や体への負担も大きく、肩こり、目の痛みなど新たな問題は尽きません。

さて、どうしたものか…そう考えていた時、学生時代のこの経験を思い出し、使っていたATOK辞書を鍛えることにしました。鍛えると言っても、頻繁に使うタグなどを単語登録するだけですが(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ATOK辞書の単語登録の手順

IMG_20131020_093315

ATOKの辞書の単語登録の方法は簡単です。

IMG_20131020_093533

画面の表示されるキーボードの日本語とアルファベットを切り替える『あA』を長押しすると下の画像のようなメニューが表示されます。

IMG_20131020_094440

メニューの『new 単語登録』をタップすれば単語登録が出来る状態になります。

Screenshot_2013-10-20-09-30-10

上記画像の状態から単語登録が出来ます。僕の場合、タグを頻繁に使うので、主にタグを覚え込ませました。ATOK辞書に登録されていない専門的な用語を使われる職業の方や一発で自身の名前が変換されない方には入力のストレスが軽減されると思われます。登録は面倒臭いですが、一度登録してしまえば後々の作業が効率化されますので、是非お試し下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク