「肉めし 岡村屋」料理長が教える、自宅で作れる柔らか牛丼の作り方

この情報を友達にも教える

牛丼の作り方

『この差って何ですか?2015年9月6日(日)』で牛丼を美味しく作る方法が放送されました。なので今回は、牛めしを1日に300杯売り上げる「肉めし 岡村屋」料理長 庄田健治さんの教える柔らか牛丼の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロが教える!柔らか牛丼の作り方

プロ流、牛丼の割下の作り方

  1. 鍋に水を入れる
  2. 醤油・みりん・砂糖を入れる
  3. 鍋を加熱
  4. 割下が温まってきたら生姜を鍋に加える
  5. さらに赤味噌を加える
  6. これで割下の完成です

プロ流、具材の煮込み方

  1. 牛肉を冷蔵庫から出して常温に戻す(約30分)
  2. 玉ねぎを5mm程に切って割下に入れる(3分の1ほど玉ねぎを残す)
  3. 10分間、玉ねぎを煮込む
  4. 残しておいた玉ねぎを加える
  5. 牛肉を一枚づつ広げながら割下で肉をしゃぶしゃぶする
  6. 牛肉にピンクの部分が残ったところでご飯の上に具材を乗せる
  7. 最後に玉ねぎと割り下を掛ければ牛丼の完成

この牛丼の作り方と一般的な牛丼の作り方の違いは、割下に入れる赤味噌と牛肉に煮込み方です。味噌を入れる事により割下の味に深みが出るので味噌は加えたいところ。味噌は餃子の王将でも使われているテクニックで『本職に聞いてみた!餃子の王将っぽい麻婆豆腐の味付けの方法』でもご紹介したとおり。他の料理の隠し味でも使える部分は多いと思います。

また、牛肉は煮込むと肉が硬くなるのは誰もが知っている事ですが、一枚づつ肉に火を通す手間が面倒なんですよね。面倒なので肉はドバっと入れてグツグツと煮込んでしまいたい気持ちを如何に抑えらるのかが勝負の分かれ目。

とはいうものの、わざわざインターネットで検索してこのページへ訪れた人にとっては全く関係の無いお話ですね。家族の為、自分の為、好きな誰かの為に美味しい牛丼レシピを探して来られた方ばかりなのですから、「手間」とか「面倒」なんて言葉とは無縁な方々ばかりでしょう。愛情たっぷりな牛丼を大切な誰かのために作ってあげて下さいね(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク