二度目は無い!結婚式でのビデオ撮影で覚えておくべき簡単な事

この情報を友達にも教える

結婚式

どんなに親しい親友であろうとも、

おいそれと引き受けてはならないお願い事が二つあります。

それが、

借金と結婚式のビデオ撮影

お金は人間関係を簡単にぶっ壊す恐ろしい魔物。

気軽にお金を貸してはいけません。

そして、結婚式のビデオ撮影も思いの外ハードルが高いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビデオ撮影には結婚式当日の万全の対策が必要

ビデオ

そして結婚式のビデオ撮影。結婚式は、

人生で一度だけの大切なイベント。

プロもしくはセミプロでないければ軽々しく引き受けてはなりません。

一番の問題は、

ビデオ本体の急な機械的なトラブルに弱い事。

  • マシンの故障・破損
  • DVDやHD、SDなどの記憶媒体が切れた
  • ビデオの盗難

など結婚式当日の突然のトラブルに対処出来なければなりません。

また、撮影した画像を後でチェックするとイマイチなんて事になれば身も蓋もありません。

そこで、事前のトラブルへの対処が必要となります。

トラブルへの対応策

これら全てのトラブルに対処する手っ取り早い方法はただひとつ。

複数台のビデオを用意する事。

これが一番の対策。逆に言えば、

1人では結婚式のビデオ撮影には対処出来ないとお考え下さい。

最低3人以上の人員を確保する必要があります。

次は、スタッフが3名必要な理由です。

スタッフが3名必要な理由

撮影スタッフが一人ではトイレにも行けません。

どんなに注意してマシントラブルが無くても、

アナタ自身の体にトラブルが発生する場合もあるのです。

また、ビデオ撮影は手持ちだけと考えている人は考えが甘いです。

必ず三脚に固定したビデオを1台確保しましょう。

三脚で固定されたビデオはズームイン、ズームアウトが主な仕事。

この作業に人員はひとり必要です。別の2台は手持ち撮影部隊。

新郎新婦専属とお客様を撮影するために2台必要です。

動画は撮り過ぎるなんて事はありません。

必要以上に記録しましょう。

三脚固定マシンが必要な理由

三脚に固定したマシンに記録された情報が結婚式動画のベースとなります。

この動画を基にして手持ち撮影部隊の動画をはめ込むと後の編集が非常に楽になります。

また、メイン動画にタイムラインが連動しているため、

手持ち部隊の動画をはめ込んだメイン部分は切り取ってしまえば

無駄に動画の時間が伸びる事もありません。

これらの理由から三脚固定マシンが必要なのです。

編集は出来るだけコンパクトに

どんなに面白い映画でもダラダラと長いと見る事が辛くなりまよね。

同じ理由で編集はコンパクトにした方が後で見応えがあります。

長い動画を一度作った後、音楽一曲分の長さにコンパクトにまとめると、

各シーンが見やすくなります。

ミュージックビデオを作る感覚で時間を配分しましょう。

とは言うものの、ビデオ編集作業は永遠に終わらないとも言われています。

どこで自分自身を納得させるのか?。そこは妥協との戦いなのです。

これらを踏まえて結婚式のビデオ撮影の依頼は受けましょう(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク