信じきっていた「あなた」に裏切られて殺された「ボク」の物語

この情報を友達にも教える

犬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~

ボクと一緒に遊んでくれたあなた。

ボクと一緒にお散歩してくれたあなた。

ボクといつも一緒に居てくれたあなた。

ボクを抱きしめてくれたあなた。

そして、ボクを殺処分場へ送ったあなた。

これは「ボク」と「あなた」との残酷な物語。

闇から闇に葬られる沢山のボクたち。

内容に反して優しい言葉と優しい絵で表現されています。

淡々と描かれるボクの一生。

そして悲し過ぎるラスト。

気持ちの着地点を何処にすれば良いのか戸惑います。

それほど救いが無いのです。

日本では毎年16万匹以上の尊い命が殺処分されています。

ボクと同じような末路を辿った命も決して少なくは無い筈。

「ある犬のおはなし」は大人よりも子供に読んで欲しい物語。

これからのボクを1匹でも減らすために。

ある犬のおはなし~殺処分0を願って~

印刷出来るファイルは有料ですが、

内容は最後まで無料で見る事が出来ます。

ぴぴ『拡散希望!ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~』より転記

すっきりしない話

あ~すっきりしませんね。

主人公ボクが飼い主あなたと出会ってから捨てられるまでの話。

誰得なん?。

登場人物全員不幸やん?。

殺処分までとは行かないけれど、

子供に飼われたペットは大体こんな感じ。

子供教育のためにペットを飼う家庭も多いけれど、

まずはある犬のおはなし~殺処分0を願って~を読ませてからでも遅くはありません。

家族に愛されない事ほど寂しいものはありません。

犬だって人間だって同じなのですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク