春夏秋冬、季節で違う讃岐うどんの材料配合

この情報を友達にも教える

ざるうどん

小麦粉と塩と水だけの芸術作品。

これが讃岐うどんの醍醐味。

香川では自宅でうどんを打つ家庭も珍しくは無いようです。

讃岐うどんの作り方は基本的には同じ。

ですが、季節によっても材料の配合が変わるんですね。

今回はそんなお話です。

「讃岐うどん+作り方」

というキーワードでGoogle検索をするとヒットする

讃岐うどん作り方

讃岐うどんの作り方(自作手打ちうどん零号)というページで、材料配合の目安が書かれていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

讃岐うどんの材料配合の目安

  • 中力粉500g
    食塩25g
    水200cc

春・秋

  • 中力粉500g
    食塩g20
    水205cc

  • 中力粉500g
    食塩15g
    水210cc(20℃)

※固い場合は水を一割程増量のこと

うどんは季節によって小麦粉、水、塩の配合を意識して打った方が美味しいようです。

これはうどんだけで無く、全ての料理にも言える事なのでしょうね(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク