2014年版はパッケージが一新!冬季限定ヤマザキ苺大福

この情報を友達にも教える

IMG_1803

ファミリーマートのレジの横に、ヤマザキ苺大福が陳列されていました。この大福は冬季限定商品で、冬の時期にしか食べることが出来ません。価格は126円(税込)とお手頃価格ですが、侮るなかれ苺が丸々1個入っています。どちらかと言えば地味な存在ですが、一度食べるとまた食べたくなる美味しさでリピート率の高い商品でもあります。僕の苺大福歴は4年程と日は浅いですが、毎年2~3個は必ず食べています。スーパーならば、もっと安い金額で購入出来ますが、ファーストインパクトは毎年コンビニ。面倒なので、ついついその場で買ってしまいます(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤマザキの不思議?苺大福にはカロリー表示がありません

2014年版ヤマザキ苺大福

こちらが苺大福の裏側ですが、確かにカロリー表示がありません。ヤマザキ公式ページからも情報を得ることが出来ませんでした。ネットで調べてみると242kcal程度はあるようですが、その根拠は僕には分かりませんでした。

2014年版新作パッケージ袋を開けて、苺大福を出してみました

ヤマザキ 苺大福

過去のバージョンでは、パッケージ袋も透明で中身が一目瞭然でしたが、ことのバージョンは外目からは中身が見えなくなっています。今回はレジの横にあったので気づいたのですが、もっと早い時期に苺大福も店頭に並んでいたのかも知れません。そう思うと、パッケージデザインの変更は、売り上げのスタートダッシュに大きな影響を与えるように感じてしましました。さて、上記写真がヤマザキ苺大福です。写真うつりが悪くて申し訳ありません。実物はもっとピンクピンクしています。ピンクの牛皮の中は粒あん、その中に苺が丸々1個入っています。和菓子に精通されたグルメの方にはイマイチのような意見もありますが、僕はこの苺大福が好きですね(笑)。

ヤマザキ 苺大福 中身

そして、これが大福の中の苺です。この苺、甘い味では無くて酸味のパンチの効いた酸っぱさが売り。牛皮とあんこと苺を全部口の中に入れて頬張るとメッチャ美味しいのです。これから、しばらくの間、コンビニやスーパーで販売されます。ちょっとした差し入れや受験勉強の息抜きに、ヤマザキの苺大福は如何でしょうか?。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク