優香さんも7キロ減ダイエットに成功!グリーンスムージーの作り方

この情報を友達にも教える

グリーンスムージー

優香さんが7kgのダイエットに成功した方法がグリーンスムージーダイエット。作り方もとっても簡単、野菜とフルーツと水をジューサーに入れてスイッチオンするだけ。忙しい朝でも短時間で作れてしまうグリーンスムージー。明日の朝からやってみませんか?。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

優香のグリーンスムージーレシピ

  • バナナ1本
  • みかん3個
  • キウイ1個
  • ほうれんそう1/4束
  • 水1カップ

これらの食材をジューサーorミキサーに入れてスイッチオンすれば出来上がり。もっとほうれん草やピーマンなどをどっさり入れているかと想像していましたが、牛乳抜きミックスジュースに近い飲み物です。元々太っていなかった優香さんが7kg減量に成功したと聞いただけでもやって見る価値大きいです。では、さらにグリーンスムージーの世界へ踏み込んでみましょう。

グリーンスムージーの作り方・飲み方ガイドライン

http://www.greensmoothie.jp/gideline.html

  • グリーンスムージーは、朝一番にまとめて作る。
  • グリーンスムージーは、1日1~2ℓが最適。
  • 朝飲んだ残りは冷蔵庫か涼しい場所で保管。
  • 口の中でゆっくりと唾液と混ぜ合わせるようにして飲む。
  • グリーン(野菜)、フルーツ、水以外は入れない事。
  • 同様にニンジン、ブロッコリーの茎などのデンプン質の野菜もNG。
  • スムージーを飲む前後40分間の食事はNG。
  • たとえアメ玉と言えども口に含んではいけません。
  • ひとつのスムージーに沢山の材料を入れ過ぎない事。
  • スムージーは美味しく作ること。
  • そうしなければ続ける事が出来ないからです。
  • グリーン(野菜)はローテーションで様々な種類を摂取しましょう。
  • フルーツは種類を変える必要はありません。
  • 可能な限り、オーガニック栽培(有機栽培)の野菜を選びましょう。

グリーンスムージーを語るなら、ヴィクトリア・ブーテンコさんの名前は避けて通れません。なぜならば、彼女がグリーンスムージーの提唱者なのですからです。上記の注意事項は彼女の提案する『グリーンスムージーの作り方・飲み方ガイドライン(http://www.greensmoothie.jp/gideline.html)』からの抜粋です。彼女のページへアクセスすれば、グリーンスムージーのルールが更に詳しく説明されています。(Amazon ヴィクトリア ブーテンコ関連書籍はこちらから

現代人に不足しがちな野菜を簡単に補えます。そして健康に!。

ミキサー

グリーンスムージーの材料である緑の葉野菜はアミノ酸、クロロフィルが豊富。それに加え、ビタミンとミネラルはフルーツから一度に補うとこが出来ます。毎朝のスムージーを習慣化させる事によって野菜不足から解消されます。

初心者は6:4の割合で

緑の野菜が苦手な人はフルーツ6、緑の野菜4の割合から徐々に慣らして行くと良いでしょう。

但し、冬場は注意が必要です

野菜、フルーツ、水。何もかも自然食品で万能に思われがちですが、夏野菜は体を冷やす作用があります。この理由から冬場のグリーンスムージーは『内蔵冷え』の原因にもなります。冬場はお風呂の中やサウナ上がりで体が温まった状態で飲むことをオススメします。

安心野菜はオイシックスがオススメ

定期的に野菜を取り寄せるなら『おいしっくすくらぶ』が便利。お買いものに行く時間が取れない多忙な方こそ、様々な特典が利用出来てオススメです。


まとめ

まとめ

内蔵冷えの問題はありますが、野菜と果物を豊富に摂取すのは体にいい事です。ダイエットの側面ばかりに気を取られずに健康のためにも、朝一杯のグリーンスムージーはやって見る価値ありです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク