デスノート7月よりドラマ化

この情報を友達にも教える

大場つぐみ(原作)と小畑健(作画)による人気コミック『DEATH NOTE(2003-2006)』が7月より実写ドラマ化されるというツイートがTwitterで流れネット内では俄かにざわついています。コミックの人気もさる事ながら実写映画化された劇場版の評価も高く、L役は松山ケンイチさんのはまり役の一つとして映画史に名を残し、脇役だったLを主人公としたスピンオフ作品『L change the WorLd』も制作されました。

「ガセ」か「ガチ」か?デスノート7月よりドラマ化決定

ドラゴンブさん、最近頑張って更新してますね。Twitterのツイートから火が付き、まとめサイトで軒並み記事にしされているデスノート7月ドラマ化情報。本当だったら興味津々ですが、ドラゴンブさんの味方は少し違うようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうにも拭えないガセ感

ネットでは、「DEATH NOTE」クラスのドラマ化が雑誌の1行だけの告知という部分に、

「コラじゃないの?」

と冷静な反応を見せる人も。僕もガセ臭が拭えないので、ドラマ化情報を検索で調べましたが公式発表は発見出来ませんでした。

私も検索で調べてみましたが公式発表は見当たりませんでした。このツイート、今後相当拡散されると予測されます。仮にガセならエイプリールフールに流せばウケるのですが。そこでドラゴンブさんは休日を生かして書店へ調査に行くらしいです。

今日は土曜日なので本屋さんで雑誌のソースが本物なのかを調査してみようと思います。と言う事で、続きは今夜書く予定です。

なんかやる気満々ですね。今日の更新を楽しみにしています(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク