【記録用】2013年9月19日 中秋の名月の月面写真【三脚無し】

この情報を友達にも教える

2013年9月19日 中秋の名月

2013年9月19日は中秋の名月でした。今夜は天候にも恵まれ写真撮影には絶好のコンディションでしたので、記録として撮影した月面写真を掲載します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三脚無しで撮影した中秋の名月2013

夜間での撮影はシャッター速度を遅くし、三脚必修で撮影に挑むのが鉄則です。しかし、月面撮影に関しては逆。シャッター速度を上げなければ、写るのは『タダの白いまる』だけです。なので、月面の撮影の場合はシャッター速度を上げて撮影します。この写真のシャッター速度は350分の1秒です。従って、実質三脚無しでも月面の撮影は可能です。

三脚不要のカメラの設定の方法は?

カメラの機種と各種設定は以下のとおりです。

カメラの機種:PENTAX K200D

2008年に発売されたペンタックスの一眼レフカメラです。今となっては古い機種で中古品が16,000円~23,000円程度で売買されています。マニアには評価の高いカメラですが、特有のクセもありますのでビギナー向けではありません(汗)。

使用レンズ

使用レンズはK200Dに付属していた望遠レンズを使用しました。従って、特別なレンズは使っていません。専用の望遠レンズを取り付ければ更にグレードの高い月面写真が撮影出来るでしょう。しかし、その場合は三脚が必修になります。

撮影モード:シャッター速度優先

設定はシャッター速度優先。今夜は月の明りが眩しいくらいでしたので、シャッター速度は1/350秒。ISOの値も100で十分でした。

露出補正・F値・焦点距離

露出補正は-2ステップ、F値はF/5.6、焦点距離は200mmでしたが、こちらの値はカメラが勝手にやってくれました。

画像サイズ

K200DのMaxサイズ(10M)に画像サイズは合わせています。撮影された写真をトリミングし、明るさ等を補正したものが上記の月面写真です。

まとめ

今回撮影に使用したPENTAX K200Dは旧式の一眼レフカメラです。現在発売されているデジカメよりも性能は劣るかも知れません。ですから、望遠機能を兼ね備えた現行機種をお使いの方なら、どなたでもこの程度の月面写真は撮影出来る事でしょう。ちなみに、2013年中秋の名月はカメラの設定は私が行い、高校生の息子がツイッターのツイート用として撮影したものです。私は横で月見団子を頬張りながら見ていただけでした。そんな中、ツイッターで話題になってた今夜の中秋の名月はこちら!。

私のアレとは写真そのものが別次元、望遠鏡おそるべしです(汗)。

月面撮影に参考になった本

まだ月の撮影方法が分からなかった頃に参考にした一冊です。素人にも分かり易く説明されているオススメ本です。よろしければ写真撮影の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク