居眠り厳禁!新幹線の終点で降り過ごしたらどうなるの?

この情報を友達にも教える

新幹線

新幹線や列車など、居眠りで乗り過ごしてしまったらどうなるのでしょうか?。漠然と思っていた素朴な疑問の答えがテレビを見ていて分かったのでご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

答えは、フジテレビ「ごきげんよう」で判明!

新幹線の終点で降りそびれたらどうなるのか?

マンスリーよしもと 2008年 4月号 表紙 なだぎ武

この素朴な疑問への回答は、2013年9月2日放送のごきげんよう(フジテレビ)のゲストである、なだぎ武さんのエピソードの中で語られていました。

新幹線の終点で降りれなかったら?

一度、車庫まで乗れて行かれます。従って、すぐに降ろしてもらえません。

なだぎさんの話によると、新幹線の中に切符を忘れた事に気づいて席に戻った際、新幹線の入り口のドアが閉まってしまったそうです。車掌さんに掛け合ったところ、「あーこれは車庫まで行ってもらわんと…」と言われて結局、新幹線の車庫まで乗せて行かれたそうです。

車庫の中で20分待ち!

車庫へ行く道中と車庫の中で待たされた時間は20分程度。舞台の時間に間に合わなくて慌てていたそうですが、移動中の新幹線からは出られませんよね。

車庫に付いても帰してもらえない!

こちらはお客さんの立場ですから、車庫に到着すれば直ぐに帰してもらえると誰しもが思います。私もそう思っていたのですが、現実には書類(申請書?)を書かないと倉庫から開放してもらえないそうです。結局、ながぎさんのロスタイムは40分だったそうです。当然ですが、舞台には遅刻したそうです。みなさんも、出遅れたり寝過ごしてしまうと新幹線はえらいことになるので気をつけましょう。

鉄道ファン様へ

番組内でも話題になりましたが、鉄道ファンの皆さんの新幹線の車庫に入って見たいという気持ちは十分に分かりますが、意図的に乗り過ごすのは迷惑になるので止めておきましょうね(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク