トイレが詰まった時のスッポン(ラバーカップ)の効果的な使い方

この情報を友達にも教える

トイレ

トイレ

日常生活で滅多に遭遇しませんが、トイレが詰まった時にスッポンを使いますよね?。俗にスッポンと呼ばれる道具の正式名称は『ラバーカップ』と言いますが、このラバーカップでトイレの詰まりを取るチョットしたコツがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラバーカップの使い方

2989. JP ラバーカップ洋式 小 417025
2989. JP ラバーカップ洋式 小 417025

トイレ詰まりの場合、トイレットペーパーの詰まりならば、トイレットペーパーが徐々に水に溶けて時間と共に問題は解決の方法へ向かいます。問題は、ティッシュペーパー。ティッシュペーパーが詰まった場合には、ラバーカップを使うのが一番効果的です。このラバーカップを使うコツは、

スッポンをゆっくりと押して、引く時に一気に力を入れます

押すときに力を入れると、詰まっているティッシュがドンドン配水管の中へ押し込まれる為、逆効果になります。ラバーカップをゆっくりと便器の中に入れて、ラバーカップの中の空気が抜けたら一気に引き上げると効果的にトイレに詰まったものを引き出す事が出来ます。また、水が流れる場所の詰まりはラバーカップで解消出来ます。トイレには一本用意されているご家庭が多いでしょうが、もう一本キッチン用にストックして置けば、いざという時に役に立ちます。

スッポンをAmazonで調べてみたところ、注射器のような構造の真空式 パイプクリーナがスッポンよりも効果があるようです。その分、お値段も張りますので可能な限り安価なラバーカップで済ませたいと言うのが本音ではありますが….。

ちなみに、ストーブやファンヒーターのタンクに灯油を入れる「シュポシュポ」もしくは「灯油を入れるヤツ」の正式名称は『石油燃焼機器用注油ポンプ(Siphon Pump)』です。ドクター中松さんの『醤油ちゅるちゅる』とは構造上別モノです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク