すぐに逃げて!突然の落雷から身を守る為の知識集

この情報を友達にも教える

雷・稲妻・落雷

雷・稲妻・落雷

突然の雷雨や雷を伴うゲリラ豪雨。雨や風にも増して危険なのが落雷です。日頃、雷から身を守る知識を身につけておくと安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

落雷による人的被害

救急車

主に感電である。1994年-2003年の統計(警察白書)によると、日本での落雷による年平均被害者数は20人、うち死亡者数は13.8人であり、被害者の70%が死亡している。

ウィキペディア「落雷」より引用

涼しい風が駆け抜けたら、雷が近い証拠です

雷・稲妻・落雷

雷鳴(カミナリの音)がしたら雷が近づいて来ています。街中では大きな建物の中に避難しましょう。グランドやゴルフ場、海水浴場などでは速やかに安全な場所に避難して下さい。

雷の発生している場所を知る

AMのラジオに「ガリガリ」という雑音が入ったら50kmくらい,「ゴロゴロ」と雷鳴が聞こえたら10kmくらいのところに雷が来ている。稲光と雷鳴の聞こえる間隔が3秒で,落雷地点までの距離が1kmである。 雷雲の移動速度は時速10km~40km程度にも達し,かなり離れていると判断しても,すぐ近づいて来るものと思って早めに避難すること。

雷,落雷から身を守るための常識17」より引用

地面のド真ん中でも落雷が!

毎年、夏になるとテレビでは落雷関連のニュースが報告されています。雷は高いもの、とんがったモノへ落ちると言われていますが、道の真ん中や海面など場所を選ばずに雷は落ちます。つまり、雷は何処にでも落ちるという意識が必要です。

安全な場所に避難出来ない時の対応

公園

近くに安全な空間が無い場合は、電柱、煙突、鉄塔、建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げ、4m以上離れた範囲(保護範囲)に退避します。高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れてください。姿勢を低くして、持ち物は体より高く突き出さないようにします。雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な空間へ移動します。

気象庁「雷から身を守るには」より引用

スポ少、部活など野外でのスポーツでは、更に雷に対する注意が必要

少年野球

落雷は時間や場所を予想することは困難ですが、雷雲が近づいてきていることを知ることは可能です。また、被雷には、直撃・側撃等幾つかの機序があり、いずれの場合でも、死亡に結びつく危険が大です。直ちに救急救命処置を施せば助けることも可能ですし、実際に救命に成功したテニス中の落雷の事故も知られています。感電と違って雷撃の場合は、ただ単に過大な電流が流れたことによって、心臓が止まっただけで心臓そのものには大きなダメージはないので、直ちに心臓マッサージを行なえば救命できるのです。

スポーツと落雷事故」より引用

夏休みのシーズンに入ると、小さなお子さんは外で遊ぶ機会が多くなります。雷を過剰に怖がる必要は無いと言われそうですが、万が一という事もあります。ご両親は日頃から雷についてのお話をして、空でゴロゴロが鳴ったら直ぐにおうちに帰るように教えてあげましょう。

ぴかっごろごろ (たのしいかがく (11))

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この情報を友達にも教える

スポンサーリンク
スポンサーリンク